紫の水晶宮(Я18)

つれづれなるまゝに日ぐらし硯(PC)に向ひて心に移り行くよしなしごと(妄想)を、そこはかとなく(だらだらと)書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ(私の脳みそはもうだめだ・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あい④(終)

おいしそうにあぐあぐとなつきの体毛を飲み込むと、満足したのか、パープルスネークは再び臨戦態勢に入った。
遥と雪之をねめつける様に頭を動かし、きしゃーと威嚇する。

こんなチャイルドに勝てる気などしないけれど―
いつでも自分の前に立ち、どんな相手にでも立ち向かいってくれた遥―
私は、そんなあなたを―

護りたい。

雪之は遥の前に出ると、愛し子の名を呼んだ。

「出歯亀っっ!」

HiMEの紋章が光り、雪之に応えて地中からチャイルドの触手がパープルスネークへと伸びていった。

一閃

静留が薙刀を振るうと、その刃が敵を攻撃する蛇のように伸び―
出歯亀の触手をずたずたに裁った。

「触手プレイがお好みなんどすか?ええ趣味したはりまんなぁ」

バラバラと無残に落ちてゆく想いの欠片を見て、静留は雪之を嘲らった。

パープルスネークの六つの頭に弄り喰われていく出歯亀。
その時、雪之は絶対的な運命を感じとった―

HiMEが負ければ、愛しい人は消える

片時も忘れていなかったのに―
どうして今は―

「いやぁっ!遥ちゃんが!」

雪之は叫んだ。
消えるなんて絶対に嫌だ。

だが、刻は無常にも訪れる。

遥「くはっ―」

ずくんと胸刺した痛みに、遥は顔を顰めた。
自分の体から力が抜けていき、それが緑色の粒子となって溶けていく。

静留は、その様子を見て嘲らっている。
それを見て、遥はすべてを悟った―

転校生がミステリーサークルと共に現れたのも
裏山が削れたのも
軍隊がやってきたのも
このところの転変地異も

全部この力に繋がっている。
そして、それが雪之を苦しめ、泣かしているのだ。

「そういうこと」

ならば、私がすべきことは―
遥は、消え行く体で立ち上がると、静留に向かって歩き出した。

雪之「遥ちゃん」

相変わらず心配そうな声だ。

遥「見てて」

心配など必要ないのに。
なぜなら―

遥「あいにく私は、珠洲城遥なのよ・・・私は負けない・・・私は、正しい・・・人間の価値って―こんなへっぽこ手品じゃ決まんないのよぉ!!」

ほとんど動かなくなった体を投げ出すようにして、遥は渾身の頭突きを静留にお見舞いした。
そして、残りの力を振り絞って、執行部長の腕章を雪之に向かって投げた―

雪之、私は―

雪之が腕章をしっかりと受け取ったのを見届けて、遥は消え行く最後まで笑顔だった。

「遥、ちゃん・・・」

打ちひしがれる雪之に構わず、静留はくつくつと喉を鳴らして笑う。

静留「ばばちぃ花火やねぇ・・・」

そして、なつきに向かって、引き攣った笑いを浮かべると―

静留「もう、隠すこともない・・・なつき・・・うちが、プリンセスや・・・」
なつき「しず、る・・・」
静留「そうや、うちが他のHiMEもなんも・・・なつきの嫌なもんは、全部倒したるさかいな・・・待っといてな・・・」

風と共に北の方に向かって去っていった。

黎人「このサイトはもうダメだ」
[あい④(終)]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/10/17(日) 23:21:19|
  2. あい(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あい③

こんな舞-HiMEはイヤだ
其ノ参『もしも清姫がパープルだったら―えさ編』

HiMEの想い―
その強さは、そのまま想いの結晶“チャイルド”の強さとなる。

地面を割って出てきた大蛇。
静留のチャイルド、パープルスネークは舞衣のカグツチをも凌ぐ大きさで―
牙を剥いて威嚇するだけで、空気がビリビリと震えた。

さすがの遥も、そのバケモノじみた大きさに唇を戦慄かせながら

「ははっ・・・大王イカ?」

と、引きつった笑いと共に言ってはならないことを呟いた。
それでも静留に向かって一歩踏み出すと、精一杯突っかかってみせる。

「だからなにっっ?」
「本人がヘビだと言うならヘビなの!追及しちゃダメだよ遥ちゃん!」

HiMEとしての力の差に慄き、雪之は必死で大切な人を押しとどめる。

「お願いだから逃げてっ!」

それでも動かない遥に、なつきは、自身のチャイルドの名を呼んだ―

「豆柴!出てきてくれ豆柴!」

だが、豆柴が応えてはくれなかった。

「豆柴・・・」

チャイルドが召還できないなんて―
無力な自分に、なつきは、袂でぎゅっと手を結んだ。

そんななつきを見て、静留は

「パープルスネーク」

ぞっとするような低い声で、チャイルドをけしかけた。

その時―
パープルスネークの頭の一つが、すっと静留に近づいて、なにやら耳打ちするようなそぶりを見せた。

静留「え?何?おなかが空いた?」

静留の問いに、こくこくとうなずく六つの頭。
静留は、ほな餌を・・・などと言いながら、しましまハンカチ畳んでを袂に入れる。
そしてまた取り出すと、そっとハンカチを開いた。

そこには、縮れた短い毛が数本あった。
まさか―
はっとしたなつきは、静留の肩を掴む。

なつき「静留、待てっ!」
静留「なつき・・・うちが守ったるさかい・・・」
なつき「いや、お前それ・・・」
静留「堪忍なぁ・・・昨日、あんたが寝てる間にちょお拝借しましてん・・・」

刹那、明確なイメージと共に昨晩の記憶がフラッシュバックしてよみがえった。
驚愕の事実に身を震わせて、なつきは自分を抱くと―

なつき「い~~や~~~!」

大きく悲鳴をあげた。
そんななつきをよそに、我先にと静留に向かって頭をうごめかすパープルスネーク。

静留「パープルスネーク、たんとお食べ・・・ただし、お行儀ような・・・・・・」

ゆっくりとえさを与える静留は、暗い愉悦の表情を浮かべていた―
[あい③]の続きを読む
  1. 2010/09/20(月) 23:00:40|
  2. あい(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あい②

こんな舞-HiMEはイヤだ
其ノ弐『もしも清姫がパープルだったら』




雪之「藤乃さん・・・あなたも・・・」

眼前で冷たく微笑む生徒会長が、自分と同じ―
いや、今となっては敵と言っても過言ではないHiMEであるとは・・・
驚愕の表情を浮かべる雪之。
その蒼褪めた顔を見て、ただならぬものを感じた遥は、庇うようにずいと雪之の前に出た。

遥「これが何?」

得体の知れないことなどもろともせずに、縦縞ハンカチをむんずと掴むと、遥が静留に噛み付く。

遥「まったく・・・あんたがここまで安っぽい奴だと思わなかったわ。自分の行為をそんなしましまハンカチ突きつけて正当化しようって訳?見下げ果てた生徒会長様ね。インタラクティブにも程々にしなさいよ―」
雪之「ポジティブだよ!遥ちゃん!」

こんな状況でも思わずツッコミを入れてしまう雪之。
だが、静留は動じなかった。

静留「下がりよし。あんたの出る幕やありません。ぎゃぁぎゃぁやかましいわ」

そう遥を一喝すると、静留は、秋の夜風よりも冷たい声で、雪之に告げた―

静留「菊川さん・・・もう、刻限も近こおすな・・・決着、つけなあかんよね・・・」

愛するものを守る為に、愛し子と共に闘うと言う意思を。

静留「パープルスネークカモンっ!」

愛しい子を呼ぶ静留の凛とした声が響いて―

地面を割って紫色の大蛇が現れのだった。

つづく
[あい②]の続きを読む
  1. 2010/09/04(土) 16:52:50|
  2. あい(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あい①

こんな舞-HiMEは嫌イヤだ
其ノ壱『もしもボーダーがストライプだったら』



静留の秘めた想い―
それは、思わぬ形でなつきの知るところとなり、伸ばした指先はなつきの悲鳴によって拒絶されるのであった。
一縷の希望が切れ、静留の蒼く褪めた頬を伝う―

静留「こんな邪な恋、受け入れられる子ぉやない。わかってたのに・・・」

月を冴々と照らしている澄んだ風が、静留の理性を拭き散らしていく―
静留は、蛇のようにすぅっと冷めた目線を、菊川雪之に送った。

静留「菊川さん・・・ヨコシマやないなら、受け入れられる―そう思うたはります?」

だが、静留のその眼は問うてはいなかった。

静留「ええ、うちもそう思いますわ―」

静留は、異質な衝撃をもって虚空を割くと、一枚のハンカチを取り出し―
そのハンカチを、優雅な所作で広げ―

静留「ここにヨコシマのハンカチがあります。それを障子の向こうでちょめちょめしよるうちに、ほら、タテシマのハンカチに変わってしまうんどす」

固唾を飲む雪之に向かってぱんっと張って見せた。

つづく
[あい①]の続きを読む
  1. 2010/08/15(日) 02:31:48|
  2. あい(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

紫の水晶宮

ここは舞-(乙)HiMEの静留(シズル)・なつき(ナツキ)・奈緒(ナオ)への愛をこじらせるファンサイトです。版権元とは一切関係御座いません。勝手ながらR18とさせて頂いておりますので、18歳以上の分別のある大きなお友達だけ遊びにいらしてください。百合の花が仰山咲いておりますので、閲覧は自己責任でお願いします。 当サイトの全ての画像及び文章等の無断転載・引用はご遠慮下さい。

プロフィール

長澤 侑

Author:長澤 侑
性別:ネコ
属性:ヘタレな王子
特徴:ビタミンShizuru分が足りなく
    なるとヘタレる
持病:静留病
    (英名:シズル・シンドローム)
尊敬する人:
ヘタレの星玖我なつき
ヘタレ学園長ナツキ・クルーガー

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

n4272は葱記念♪n7242はマヨ記念♪ うっかり踏んだ方は、はんなりと連絡をおくれやすvリクエスト・その他もお気軽に♪

最近のコメント

参加同盟

ヘタレなつきち同盟 4272.union なつ静同盟        

GO→素敵サイト様

  • ぽん太小屋(ぽん太様)
  • ニートorニード
  • 駄目な日々(くじら様)
  • Silver*Garden おかしなお菓子の詩 Planetarium drop ××× 三番地中央病棟
  • SS倉庫(R18)(M様)
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    当サイトはリンクフリーです。ときめきはったらお嫁にもらって下さい。お手数ですがR18の表記をお願い致します。連絡は頂ければ嬉しいです。

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。