FC2ブログ

紫の水晶宮(Я18)

つれづれなるまゝに日ぐらし硯(PC)に向ひて心に移り行くよしなしごと(妄想)を、そこはかとなく(だらだらと)書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ(私の脳みそはもうだめだ・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だいすき⑦

ナツキ「ん・・・」
シズル「ナツキ、目ぇ覚めました?」
ナツキ「お姉さま・・・ここ、は?」
シズル「保健室どす」
ナツキ「保健室・・・舞衣は?ハルカお姉様は?」
シズル「安心しぃ。2人なら、ほら―」
ハルカ「力ちゃん・・・マカビンビン・・・」
舞衣「ダルビッシュって・・・言うな・・・」
ナツキ「無事だったんだ・・・よかった・・・」
シズル「2人は劇症やった時間がナツキより長かったさかいに―けど、じきに目覚めますやろ」
ナツキ「・・・お姉さまが、助けて下さったんですか?」
シズル「うふふ。うちが駆けつけた時のお3人―ほんまあられもない姿で」
ナツキ「ひっ?!あ、あられもない姿?!―っぅ・・・」
シズル「ほら、ナツキ。急に動いたらあかんえ?ふっとい座薬使こうたんやから―」
ナツキ「ざ、座薬って?!まさか・・・」
シズル「思い出しますわぁ。ナツキのかいらしいおいど♡」
ナツキ「おいど?」
シズル「お・し・りのことどす。うふ♪」
ナツキ「わ、忘れて下さい!!」
シズル「いやどす♪」

次回 ひぐらしの喘ぐ頃に 葱挿し編 リテイク につづく



小次郎が武蔵に敗れた理由には諸説ある。

その1つに待たされた為に平静では無かったというものがある。
むろん史実ではなく、後の時代の作家が勝手に創作した理由なのだが。

不本意な性格付けをされた小次郎には申し訳ないが、ここから読み取るべきことは―
不測の事態に心乱されるほどの器では、本物の天才には到底敵わないと言うことだ。

つまり、この時点で珠洲城遥の“負け”は決まっていたのかもしれない―

◇ ◇ ◇

「遅い!藤乃はまだ!!」

遥がレリーフの前でイライラと踵を踏み鳴らした時、並木道の向こうに静留の姿が見えた。

今日はたまたま道が混んでいたのだろうか?
遥は静留の登校が遅かった理由を推測する。
同時に、どんな事態にも対応できるよう早め早めに行動するべきだと遥は思う。

遥の行動規範に基づくと、何かが始まる5分前には始められる準備が整っているべきであり、するとそのまた5分前には準備を始められる状態になくてはならない。
という事は、そのまた5分前―つまり15分前には、現場に到着していて然るべきなのだ。
要するに、遥からしてみれば静留はすでに遅刻ということになる。
それだけで怒るには十分であったが、急ぎもせずに歩いていることが余計に頭にきた。

「ぶ~ぶ~づ~け~!!」

(あの女は、倒す!必ず―)

遥は、本来ここにいた目的を忘れ―
拳を握り締めた。

◇ ◇ ◇

(来てからない言われてもなぁ―)

『文芸特講Ⅱ』
日本文学、特に古文を中心に日本の文学の流れを紐解いていく講座である。
なかなかおもしろい授業で静留は気に入っているのであるが、本日は残念ながら休講らしい。
さらに生憎なことに、その授業は2時限目だった。

(どうせ休講なんやったら、4限やったらよかったのに―)

思っても仕方がないと軽く息を吐いて、静留は1限が行われる教室へと足を向けた。
すると、中庭の真ん中で、仁王のように大地を踏みしめて立っている遥と視線がかち合った。
何やら不穏な雰囲気ではあったが、歩調を速めるでもなく緩めるでもなく、静留は遥のもとへと向かう。

「遥さん、おはようさん」

にこりと微笑んだ静留に対して、遥は厳しい表情を崩さずにその口を開いた。

「随分と、余裕なのね―」
「うん?」

その時、2人の頭上で鐘の音が鳴った。
真の開学の祖とも言われる少女が時を告げる―8時50分。

「今、8時50分やろ?それとも、うちの時計は遅れてるんやろか?」
「いかにも、今は8時50分よ。でも、私が言いたいのはそう言うことではなくてよ!」
「はぁ。ほな、なんですやろ」
「木曜日、キッチンを借りると言い出したのは何故?」
「言ってへんかったやろか?チョコ作らさしてもらいたいんどす」
「ふっふっふっ…卑怯…卑怯なり藤乃静留」
「ん?」
「自分の得意分野でやろうって訳ね。でもいいわ。あんたの企みに乗ってあげるわ」

卑怯だの企みだの何故こんなに話が物騒なことになっているのか静留には分からない。
当の遥にすら分からないのだから、分かるはずもないのだが―
静留の疑問を余所に遥は高らかに宣言した。

「苦難を乗り越えてこその誉れ!勝利の美酒は農乃誉!木曜日、珠洲城キッチンスタジアムでおすめすを決しましょう!!」

(おすめすって・・・雌雄のことやろか?逆やないの・・・)

なつきに内緒でバレンタインチョコを作るつもりが、いつの間にか料理バトルになってしまったらしい。
遥の唐突さ―それなのに絶対意見を曲げない頑固さは、嫌と言う程知っている。
こうなったら是が非でも対決すると言うに決まっている。

(はぁ―うちは、キッチン貸して欲しい言うただけなんやけどなぁ・・・)

静留は嘆息する。

(―そや♪)

そして、唇の端を上げて微笑んだ。

「くすっ―相変わらずやねぇ」

静留の中で、一つのシナリオが出来上がった。
遥がどう答えようが分岐するストーリーが違うだけで、チョコレートが出来上がればそれでゴールの静留に損になることは一つもない。
そして、上手く行けば―

「遥さん、1つ提案があるんやけど宜しいやろか?」
「いいわよ。言ってご覧なさい」
「対決するんやったら、勝敗を判定する人が必要やと思うんどす」
「それもそうね。で?」
「うちは、菊川さんが適任やと思うんやけど、如何どす?」
「…雪之?」
「ええ」
「断るわ!」

まずは最初の分岐点である。
ここでのYes、Noが後のストーリーに大きく影響する。
それくらい重要な遥の答えを受けても、静留はまつげ一本動かさずに次のフェーズへと移行した。

「理由、聞かせてもろうてもよろしいやろか?」
「片側のセコンドが審判するようなもんよ。フェアじゃないわ」
「さっき―」

菊川雪之は遥のセコンド。

静留は遥の発言を聞いて笑みを深くする。

(この勝負もらいましたな―)

何もかもが、静留の読み通りに動いていた。

「遥さんは、苦難を乗り越えてこその誉れや言いました。うちも自分の土俵で勝負した言われて勝ってもなんも嬉しいことなんかない。せやけど、行司が遥さんの側の人やったら?それで勝ってこその誉れやわ」
「う…」
「どないします?受けます?」
「これでイーブンって言いたい訳?」
「ふふっ。自信がないんやったら、やめてもええんどすえ?」
「いいえ。やるわ!!」

(見事に、食い付きましたなぁ―挑発に乗るやなんて・・・したらあかんことの、いろはの“い”やのに・・・)

「さすが遥さん。ほな、明後日な」
「首を洗って待ってなさい。今度こそけちょんけちょんにしてやるわ」
「楽しみにしてます」

言いたい事はそれだけとばかりに、遥は踵を返した。

(ふふっ―遥さんにも、少うし乙女心言うもんを分かってもらわななぁ―なぁ、菊川さん)

その後ろ姿に悪戯な微笑みを浮かべると、静留は自分も教室へと向かった。
  1. 2008/01/20(日) 22:39:24|
  2. だいすき(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お返事(2008.01.13~2008.01.27) | ホーム | ズバリ言うわよ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murasakinosuishyogoo.blog53.fc2.com/tb.php/137-45c37225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫の水晶宮

ここは舞-(乙)HiMEの静留(シズル)・なつき(ナツキ)・奈緒(ナオ)への愛をこじらせるファンサイトです。版権元とは一切関係御座いません。勝手ながらR18とさせて頂いておりますので、18歳以上の分別のある大きなお友達だけ遊びにいらしてください。百合の花が仰山咲いておりますので、閲覧は自己責任でお願いします。 当サイトの全ての画像及び文章等の無断転載・引用はご遠慮下さい。

プロフィール

長澤 侑

Author:長澤 侑
性別:ネコ
属性:ヘタレな王子
特徴:ビタミンShizuru分が足りなく
    なるとヘタレる
持病:静留病
    (英名:シズル・シンドローム)
尊敬する人:
ヘタレの星玖我なつき
ヘタレ学園長ナツキ・クルーガー

最近の記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

n4272は葱記念♪n7242はマヨ記念♪ うっかり踏んだ方は、はんなりと連絡をおくれやすvリクエスト・その他もお気軽に♪

最近のコメント

参加同盟

ヘタレなつきち同盟 4272.union なつ静同盟        

GO→素敵サイト様

  • ぽん太小屋(ぽん太様)
  • ニートorニード
  • 駄目な日々(くじら様)
  • Silver*Garden おかしなお菓子の詩 Planetarium drop ××× 三番地中央病棟
  • SS倉庫(R18)(M様)
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    当サイトはリンクフリーです。ときめきはったらお嫁にもらって下さい。お手数ですがR18の表記をお願い致します。連絡は頂ければ嬉しいです。

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。