FC2ブログ

紫の水晶宮(Я18)

つれづれなるまゝに日ぐらし硯(PC)に向ひて心に移り行くよしなしごと(妄想)を、そこはかとなく(だらだらと)書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ(私の脳みそはもうだめだ・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だいすき?!だよシズルはん(中編)

臓物○

臓物○はん 性別不明 17才
   (ぬいぐるみ)

東京のとある会社のとある部署。
今年の冬、配置転属してきたのが「臓物○」です。
ゲームセンターでプライズをしていた頃に、今のご主人と出会い、会社の一員になりました。
この会社に来てからはゲームをするのが日課です。
きょうも栄養ドリンクを片手にゲームをする「臓物○」なのでした。



シズル「なつき~。そろそろがっこに行きましょ」
なつき「嫌だ!『きょうのわんこ』が終わるまで、私は一歩もここを動かないぞ!」
シズル「きょうの【デュラン】?」
なつき「・・・貴様、今のわざとだろ!謝れ!お台場に向かって謝れ!!」
シズル「ドライバー?」
なつき「この場合・・・お前の耳がイカれてんのか、頭がイカてんのか・・・」
シズル「そんなにわんこが好きなら、うちがあんたのメス犬になったりましょか?」
なつき「わざわざメスって付けるな!なっていらん!!」
シズル「わん!(無視して飛び掛る)」
なつき「ちょっ!シズル!!」
シズル「デュランどす。・・・・・・ふふ。ペ~ロペロペロ・・・」
なつき「こら、どこを舐めてる!あ、や・・・あんっ!」
  ・
  ・
  ・
なつき「・・・はぁ・・・はぁ・・・ぁ・・・」
シズル「きょうもご主人さまにせーだいご奉仕するデュランなんどしたぁ♪」

放課後―

午後の授業を抜けていたなつきは、HRが終わった頃を見計らって教室まで戻って来た。
中にはまだだいぶ生徒が残っているようで、開かれた扉からはなごやかな談笑が聞こえてくる。
これでは董なる人物も現れないだろう。
誰にも見つからないように、そのまま教室の前を通り過ぎる。

追いかけて来ないところをみると、シズルは教室にはいなかったようだ。

(バレなくて良かった―って、なんで私がこそこそせねばならんのだ)

私が何をするにもシズルの目を気にする必要もなければ、シズルの気持ちを考える必要もない。
シズルは家族でもなければ、恋人でもない―ただの居候だ。

でも―
胸に、もやもやと言葉にならない感情が纏わりつく。

やはりこのまま帰ろうか。
面倒なことになる前に。

しかし、それではシズルに負けるみたいじゃないか―

そんなことを考えている内に、いつの間にか中央棟まで来ていた。
足が向くままに階段を上る。
特別教室ばかりが並ぶ中央棟は人気もなく静かで、廊下にはなつきの足音だけが響いていた。

別に明確な意思があった訳ではなく、なんとなく目に付いた扉を引いてみた。
鍵がかかっている。
扉の上に掲げられているプレートには、生徒会室とあった。

(ここなら静かに時間を潰せそうだな―誰も来ない)

生徒なら誰でも知っていることだが、風華の生徒会は有名無実で、実権そのものは執行部が握っている。
実際なつきも執行部には何度かお世話になったが、生徒会にいたっては会長が誰だかすら分からなかった。
それ以前に全校集会などの行事に参加したことがなく、それが執行部に目を付けられている一因でもあるのだが―

(開いてないなら、開けるまでだ)

普段、執行部にうるさく言われていることも手伝って、なつきはその錠を破ることにした。
鍵の在る方の扉に手を掛けると、少し上に持ち上げてからカタカタと揺する。
しばらくすると、カタンと音をたてて錠が上がった。

(ふんっ―たいしたセキュリティーだ)

一つ鼻で嘲って、扉を開く―
スガスガと入り込んで教卓に座った時、やけに滑りの良い扉が締まる小さな音がした。
なつきは、少し高い位置から誰も居ない室内を眺める。

(懐かしい、な・・・)

廊下側に何の変哲もないスチール棚、中央に向かい合わせに並ぶ長机、窓際にソファが一つ、クリーム色のカーテン。
そして―

―つ、き

誰かに呼ばれた気がして、なつきは跳ねる様に教卓を飛び降りた。
後ろを振り返ると、そこには生徒会長が座るであろう黒い革張りの椅子だけがあった。
それを見た瞬間、なつきの胸の中を冷たい風が吹き抜ける―

(どうして今、懐かしいって・・・)

既視感という言葉では片付けられない確信―

私はここに来たのは初めてで、だけどここを知っている。

視野が映像となって脳に直接流れ込んで来るような感覚がして、なつきは倒れこむようにその椅子に身を預けた。

(な、んだ・・・これは・・・)

急激に力が抜けて、ぐらりと窓の方に首が傾いだ。
狭まっていく視界の中、丘の向こうに海が見えた。
夕焼けの空が藍と橙の境界線を濃くしてゆく―

いつかどこかで見たなこんな光景。
誰かと一緒に。
誰かと。

誰、だ―

目の前にある記憶の糸を辿っていけば、何もかも全てが繋がる気がして―
なつきは、瞳を閉じた。
  1. 2008/02/26(火) 01:34:01|
  2. だいすき(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<だいすき?!だよシズルはん(後編) | ホーム | だいすき?!だよシズルはん(前編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murasakinosuishyogoo.blog53.fc2.com/tb.php/141-1100e2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫の水晶宮

ここは舞-(乙)HiMEの静留(シズル)・なつき(ナツキ)・奈緒(ナオ)への愛をこじらせるファンサイトです。版権元とは一切関係御座いません。勝手ながらR18とさせて頂いておりますので、18歳以上の分別のある大きなお友達だけ遊びにいらしてください。百合の花が仰山咲いておりますので、閲覧は自己責任でお願いします。 当サイトの全ての画像及び文章等の無断転載・引用はご遠慮下さい。

プロフィール

長澤 侑

Author:長澤 侑
性別:ネコ
属性:ヘタレな王子
特徴:ビタミンShizuru分が足りなく
    なるとヘタレる
持病:静留病
    (英名:シズル・シンドローム)
尊敬する人:
ヘタレの星玖我なつき
ヘタレ学園長ナツキ・クルーガー

最近の記事

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

n4272は葱記念♪n7242はマヨ記念♪ うっかり踏んだ方は、はんなりと連絡をおくれやすvリクエスト・その他もお気軽に♪

最近のコメント

参加同盟

ヘタレなつきち同盟 4272.union なつ静同盟        

GO→素敵サイト様

  • ぽん太小屋(ぽん太様)
  • ニートorニード
  • 駄目な日々(くじら様)
  • Silver*Garden おかしなお菓子の詩 Planetarium drop ××× 三番地中央病棟
  • SS倉庫(R18)(M様)
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    当サイトはリンクフリーです。ときめきはったらお嫁にもらって下さい。お手数ですがR18の表記をお願い致します。連絡は頂ければ嬉しいです。

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。