FC2ブログ

紫の水晶宮(Я18)

つれづれなるまゝに日ぐらし硯(PC)に向ひて心に移り行くよしなしごと(妄想)を、そこはかとなく(だらだらと)書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ(私の脳みそはもうだめだ・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お返事(2008.06.23~2008.07.06)

『仔犬物語だよ?!ナオはん』Ⅳ

「・・・れ、首輪?」

ポツリと呟いたナオの一言に、なつきはガッと仔犬を掴むと、首輪の存在を確認して叫んだ。

「あぁー!ナオ!こいつ飼い犬じゃないか!何で連れてきた!」
「しっかたないでしょ!気づかなかったんだから!!」
「まず初めに確認するところだろ!お前の脳みそはスポンジか!!」
「あんただって散々撫で回してたのに気付かなかったじゃないのよ!鈍感過ぎんだよ!ラード女!!」
「なんだと!」
「なによ!」

早速、罪の擦り合いを始めた二人の頭を冷やしたのは、シズルからのもっともらしい一言だった。

「まぁまぁ二人とも。なぁ、首輪に住所とか電話番号とか書いてへんやろうか?」
「そうか調べてみよう」

なつきは、手際よく首輪を外すと、そこに編まれていたアルファベットを読み上げた。

「K A Z U―どうやらこいつの名前はカズらしい」
「他には?何か書いてへん?」
「いや、ない。困ったな」

ひっくり返したところで、さかさまになって読めない文字があるだけで、飼い主を示す情報はなかった。
首輪としての用を成していない紐を見つめて、三人は同時に常套手段を思いつき、それをナオが口にした。

「張り紙作って、飼い主からの連絡待つしかないわね」
「そうだな」
「それしかないやろな」
「シズルはそいつの写真撮っておいてくれ。ナオはどこで拾ったとか張り紙に載せる文面を。私は、舞衣に連絡してみる。まずは、あいつのバイト先に貼ってもらおう―」

◇ ◇ ◇

『犬?!どんな?』
「クリーム色のミニチュアダックスだ」
『それ、ほんと?!今日、バイトの子が、飼い犬が行方不明だから、シフト替わって欲しいって言われて来てるんだけど―ほら、同じクラスのあかねちゃんって知ってるでしょ?もしかしてその仔なのかも』
「そうなのか。じゃぁ、連絡してみてくれないか?犬の名前はカズだ」
『カズ?!それは、また・・・大胆と言うかなんて言うか・・・』
「どうかしたのか?」
『う?ううん、なんでもない。たぶん、間違いないわね。とにかく訊いてみるからそのまま預かっておいて。じゃね!後で連絡する』
「あぁ、よろしく」

スライド式の携帯をカシャリと閉じると、なつきはたった今舞衣と話していたことを、ソファに座って心配そうな視線を向けるナオとシズルに説明した。

「舞衣のバイト仲間に、犬を捜している奴がいるらしい。思ったよりも早く飼い主見つかるかもな」
「そいつだったらいいわね。張り紙作る手間が掛からなくて」
「よかったなぁ、バター」

思わぬスピードで現れた飼い主候補を三者三様に喜び、最後にシズルがナオの膝の上にいるカズの頭を撫でた。

「おい・・・シズル。飼い主がいるんだから勝手な名前で呼ぶな」
「そうよ。あんた自重しなさいよね」
「ええやないの。なぁ、バター。お手♪」

例によって聞く耳を持たないシズルは、嬉々として仔犬と戯れ始め、バター、もといカズはしつけがいいのか、名前などどうでもいいのか、シズルの言ったことに右肢を上げて応えた。
そこに、なつきの携帯が鳴り始め、なつきはシズルを嗜めつつ電話に出た。

「ダ・メ・だ!おっ、かかってきた―私だ」
『あっ?なつき?』
「お触り♪」

携帯から聞こえてきた舞衣の声に被って、なつきの耳にシズルの明るい声が響いた。
なつきはその内容に、電話のことは忘れて思わず大きな声を上げてしまった。

「おかわりだ!!」
『は?』
「バター、おかわり♪」
「だ・か・ら!バターはやめろ!!」
『えっと・・・もしもし?なつき?』

シズルの声が届かない舞衣には、電話に出たなつきが突然意味不明なことを言い出したようにしか聞こえず、かなり困惑した様子で恐る恐るなつきを呼んだ。

「あっ、すまない。シズルが・・・」
『あぁ・・・』

『シズルが・・・』と、言われただけで玖我家の有り様を理解した舞衣は、早く話をつけないと友人と仔犬の情操教育に悪いと思い、先を急いだ。

「でね、あかねちゃんに訊いたら、間違いないって。それでね、バイトが終わってから一緒に迎えに行こうと思うんだけど―いい?』
「あぁ、構わない」
『そ。じゃぁ、行く前にもっかい電話するね』
「あぁ、待ってるから」

電話を終えたなつきは、ナオに向かって少し寂しそうな微笑を向けた。

「よかったね―」

なつきの様子から、会話の内容を悟ったナオは数時間後にはお別れになるであろう仔犬を抱きしめた。

『仔犬物語だよ?!ナオはん』Ⅴにつづく。




はぁ・・・もう、言葉にできません。

どう表現すれば皆さんに伝わるのでしょう。この満たされた感じ。

たとえ千の言葉を尽くしても、伝わらないことなのかもしれません。

でも、私は伝えたい。否、伝えなくてはいけない。だから、私は、筆を取りました。



例えるなら、それは―

おしいしいご馳走をお腹いっぱい食べた時のような。

うららかな日の光と肌触りの良いタオルケットに包まれて眠っている時のような。

衆人環視の中、山あいのコテージでくまで三回い―

くまネタ引っ張り杉(( ゚д゚)=◯)`ν゜)・;'三大欲求で三段落としのつもりだったんだよ・・・ごめ・・・



はい。訳の分からない小芝居はここらへんで止めにしまして、本題。す~ぅっ(息を吸う音)

長澤さんは、先週の月曜日に

千葉紗子さんに会いに行きました♡

千葉紗子さんに会いに行きました♡

大事なことなので2回言いました。

千葉紗子さんに会いに行きました♡

なんだったら、大きく書いてみました。テストに出ますからね!(テスト?)

ま、「会いに行った」というよりは「見に行った」ってのが正しいんですが、私の気持ち的には「会いに行った」がより近いのでそう書きました。詳しいことは、続きにレポを入れておきますので、興味がある方はそちらからどうぞ。いや~、今まで、ナマモノネタって、私だけの好みなので自重してたんですけど(あれで?って思われるかもしれませんが、してたんです・・・)今回は自重しません!!この感動を全力全開でお伝え致します!!

今回、『鉄腕バーディDECODE プレミアム試写会」に参加したんですが、その中でプロデュサーさんから、「ネタバレしてもいいので、どんどん宣伝して下さい」とのお達しがありました。バイラルですね。わかります。(バイラルってなんぞ?という方は、ぐぐろ!たぶん、私が書くより分かりやすい解説があると思われます。)

普段、あまりこの手の作戦には乗らないのですが、今回は「千葉じゃバイラルおきね~よ」となっては、ファンとしても困った展開になりますので宣伝しておきます。

まずは、

http://www.birdy-tv.com/

はい。公式HPです。アクセスが上がると、「イベントやって良かったな、次回もやろうかな」となりますので、じゃんじゃん飛んで下さい。なんだったら1日1回飛んで下さい。千葉さんのファンなら、最優先事項よ。(と、関係あるようなないようなユカリコなネタw)

公式にも載ってますが、『鉄腕バーディーDECODE』の気になるキャストは!

主人公の宇宙連邦警察捜査官バーディー・シフォン=アルティラ役に我らが千葉紗子。(わ~、ぱちぱち!べらぼう!)
もう一人の主人公千川つとむの同級生、気の強い活発な女の子、早宮夏美役に、最近頭角を現してきた伊藤かな恵。(ラジオ増えてきたね。がんば~!)
人外状態のバーディに遭遇したフリージャーナリスト、室戸圭介役に、藤原啓治さん。(よ!ひろし!待ってました!)
千川つとむの同級生、病弱なお嬢様、中杉小夜香役に坂本真綾。(ま~やたん!ふっふう!)
バーディと同じ星からやってきた謎キャラ、カペラ・ティティス役に、名塚佳織。(いやっほう!)

他、ここだけの話(いや、ここだけじゃないとは思うけども)若本御大が出張ります!!(ぶるぅわぁぁぁぁ!!)
それから、千川つとむの同級生、テライケメンな高校生千明和義役に、白石涼子!! (うりょっち!きゃほい!)

ふぅ。かなり、私の趣味に寄っているキャスト紹介でした。載ってない人は・・・興味があれば調べればいいかと。豪華キャストですので、見られる環境にある方は是非どうぞ!

さてと、もうこれくらいでいいですか?(と、プロデュサーに問いかけ)

続きは、例によって無駄に長いレポです。
が!関係者の方はここまででお願いします。
こっから先は、私とここのブログにいつも来て下さる訪問者さんとの秘密の花園じゃけん。

おっと、その前に、業務連絡。

この記事はあくまでも『お返事』なので、まずはお返事を。
前回からのは、一件しか・・・しかもご指摘なので表で・・・(あ、その後コメントきていますが、お返事は次回致します)

えっと。今年に入ってからの『お返事』のタイトルの日付が『2007~2008』と1年分かい!ってなっていました。
『お返事』のタイトルを付ける時に、前回の日付が分からなくなるので、いつも前回のタイトルをコピペして前後を入れ替えて、ちょちょいと修正して書いてたんですが・・・年をまたいだ時のを変更しないままにしていました。うっかりですミスです。わざとではありません。妙な日付に気付いて「?」って思わせた方、申し訳ありませんでした。ご指摘下さった方(非公開コメだったので伏せます)ありがとうございました。全部直したはずなので、もう気にならないはずです。

いやはや。お恥ずかしい。(最近、『ドジっ娘の天才』って呼ばれました・・・むぅ)

では、いよいよレポです。気持ち悪いほど萌えてますので、覚悟を決めてからどうぞ!!


とは、言え何から書けばいいのかしら。まずは謝っておきますか。今回、まじで自重してません。というか、できません。すみません。だから、この下に何が書いてあっても広い心で受け止めてあげてください。



ん~。本当はいけないことなんですが、と前置きしておいて。

まず、私は、とある方の命で、今回の潜入任務遂行した訳です。とある方とは「自分はエロくない」と頑なに言い張る結城さんです。そういう人に限って、エロいので、みなさん後ろには気をつけましょうね!

これ以上書くと、結城さんに××(ちょめちょめ)されそうなので、やめておきます(←反省の色が見受けられないw)

では、話を進めましょう。

ある日結城さんから、メールがぴろぴろ~って来ました。『鉄腕バーディーの試写会に行きませんか?』と。

結城さんは、お仕事の都合で行けなくなったそうで、私は『鉄腕バーディー?なんじゃらほい?映画?』と思いながらも、仕事の帰りに行ける時間だったので「じゃ、行きます」とか、全然別の話とかを携帯メールでやりとりしつつ、結城さんからPCの方に送られて来た当選メールを開くと―

『生サエコテルなレポを楽しみにしております!』

との一文が・・・

・・・生サエコテル?な、なんですと!!

で、当選メールを血走った目(w)で確認すると

出演: バーディー・シフォン=アルティラ役/千葉紗子

と、書かれているではないですか!!

いや・・・

「鉄腕バーディー?」の時点で調べればよかったんですが、結城さんからメール頂いた時は会社で、しかも調べようとする度にあれやこれやと仕事が舞い込んで来て・・・「なんで、結城さんはこんなにおすすめしてくるんだろう?」とずっと疑問のまま1日過ごしてたのですよ。ようやくその意味が分かった私は、大興奮で「いいんですか?!ほんとにいいんですか?!」みたいなそれまでとは確実にテンションの違うゲンキンなメールを結城さんに返しました。結城さんからは「知らんかったんかい!!」とツッコミが返ってきました。知らんかった・・・すまんかった・・・(でも、「仕事休むべきだよ!」と社会人同士なのに悪魔の囁きをした私に、「私は真面目ですから」と返してきたのには、断固反対です)

と、まぁ、そんなこんなで、お仕事が休めない結城さんの代わりに、千葉さんのお姿を脳裏に焼き付けて、なんだったら口移しでその記憶を転送するべく、いや、口移しは結城さんに断られると思われるので、レポと言う形で記憶を転送すべく、私行って参りました!!

試写会前週の金曜日―

は?はよ、当日のこと書かんかい!というお叱りがきそうですが、レポはここからなのです。わくわく感を伝えたかっただけなんだけれども、知りたくもない情報満載なので、当日のことだけ読みたい方は◇から次の◇までどうぞ飛ばして下さい。

◇ ◇ ◇

試写会前週の金曜日―

「来週の月曜日は、何があっても18時半に帰りますので。用事がある方はそれまでに」

と、てゆうか、用事とか作るなよ?じゃないとシバくよ?という気合を振りまく@チームミーティング。これで、下準備OK!で週末を迎える。

試写会前日―

前日の私は言うなれば「初デートに望む少女」のようでした。17歳ですが、少女なのです!なんか、もう、何も手につかないくらい、宙に浮いてましたね。
で、やったことと言えば―

無駄毛処理(おい!)
髪の毛のトリートメント(Not リンス。美容院でもらう使いきりの高いやつ)
お肌のお手入れ(普段忘れがちなボディーローションもしっかりつけたり)

などなど。(あんたナニをしにいくつもりだ?!)

なんか、この書き方だと一日中↑をやってたみたいなので、補足。
家事をしたり、SS書いたりしてましたよ!大丈夫!夏コミ間に合う・・・はず・・・

んで、なにやら携帯に転送した当選メールをスタッフに見せなきゃあかんらしいので、結城さんに再度転送してもらう。夜中近くに・・・事前に言うべきでした・・・ちゃんとしてなくて、ご迷惑をお掛けしてすみません。

結城さんからメールが来たので、「準備万端!睡眠不足はお肌の大敵だからおやすみ~」と就寝。

・・・ごろ・・・ごろ・・・ごろ・・・むくっ!

ね、眠れん。

興奮を落ち着ける為に、その時心を鎮める為に常用していた『頭の打ち所が悪かった声優』『35歳児』と巷で話題の金田朋子さんの動画を見る。(人生に疲れた時に特におすすめです!すべてのことは小さなことだと感じるようになりますよ!)

はっ!千葉さん主役で書くべきレポなのに、別の声優の名前が出すなんて!!いけないいけない。軌道修正!

千葉さんと朋先生と言えば!『にじちぅ? ぱれ~ど♪』という伝説の番組がイチオシです。(これは、ラジオ大阪ですね。にじちぅ?は携帯着メロサイトですね。ちなみに、文化放送のアニスパ内で『 にじちぅ?にCHU☆』ってのを千葉さんがピンでやってました。こちらは、こちらでおすすめです!)

千葉さんって、どちらか言うとボケに回ることが多いと思うんですが、この番組では「千葉紗子のカミソリのようなツッコミ」が聴けます。放送当時には、アニラジ実況ブログのようなところで『千葉紗子2.5激怒』とかその回に千葉さんがキレた回数が書かれていましたww興味を持たれた方は、なんとかかんとか動画とかで探して見られてはいかがでしょうか。全14回。さて、何ギレするか数えてみよう!

そうこうしている内に、だんだん眠くなってきたので、そ~いや~、舞-HiMEのラジオでは全体を通して1回だけ『千葉紗子1激怒』の回があったなぁ。『1お眠』の回もあったなぁ。何回だったかなぁ。とか思いつつ寝る。

試写会当日―の、朝。

まだまだ続く無駄情報。

いつもより1時間早く起きた私。なぜなら、一時間早く会社を出るからだね。でも、昨日の不眠がたたってもっそい眠い・・・な の で!引き続いての金朋動画を見ながら朝食w頭がおっきしてきたところで、予習とテンション上げをかねて、tiarawayを熱唱しながら着替えやらをする。最後の締めはドクロちゃんw5.6曲歌って満足したので、家を出る。

10時~仕事。つまらないので割愛。

18時半~!!

ちょっきりにタイムカードを押して、逃げるように会社を出ようとした矢先、副部長に遭遇(!)ふ、フレックスだから・・・文句言われる筋合いはない・・・はず。もし何か言われたら、「会社と声優どっちが大事なのよ!」と意味が分からないキレ方をしてやろうと思ったけども、「お疲れさまでした」と言われたので、そんなミラクルな弾丸は発射せずに事なきを得る。

トイレに駆け込みコンタクトを着用。コンタクトじゃないと、遠くが見えないからだね。そして身だしなみチェック!

その日の長澤さんの服装。(まじで無駄w)

LEGOのT-シャツ(薄いブルーグレー)に、23区のジャケット(チャコールグレー)に、サイドが編み上げになったリーバイスのスキニーストレート(ブラック)に、ナイキのサッカーシューズ(ブラックベースにブルーのライン。ナイキのマークは白)水色のフライトバック。そして、持参した『頭の悪そうなサングラス』(極悪な形のフレームにクロコダイル調の皮っぽいつるw)も装着してどっからどう見ても「仕事帰りのOL」ないでたちでLet's Go!(本人がOLと言えば、その人はOLなのです。追求してはいけません。)

だって!サングラスは、ゴミが目に入らないようにしてるだけで・・・あと、光に弱くて・・・(と、色素が薄い人のようなことを言ってみる。め、目が真っ黒だからって、眩しく無い訳じゃないんだからね!)後、サッカーシューズは何かあったらいけないから穿いてるんだもん。何かって・・・ぼ、暴漢とか出たら、ね?

なんだったら、下着はおにゅうだし!(本気で無駄な情報だな・・・)「今日、私、いつでも脱げるから」という自信が、女を輝かせるんどす!!

と、誰に対するいい訳か分からないことを心の中でぶつぶつ言いながら駅へ。でも、この、サングラスが後に役に立つのでした!備えあれば憂いなしだね!!

19時~。

会場がある乃木坂(地下鉄)に到着。乃木坂は初めて行きましたが・・・地上の人になった瞬間坂だし!道が立体交差してるし!意味がわからん。

20時開演だったので、ちょいとお腹に入れておこうと、コーヒーショップを探す。ないし!じゃぁ、コンビニで。ないし!仕方ないので、とぼとぼと坂を下ってみる。ようやくコンビニを見つけたので、ミネラルウォーターとおにぎりとガムを購入。会場へ向かう。

まったくS○NYは、どこもここも坂の上にビル建てるかなと。ぶつぶつ言いながらSMEのビルに到着!もう列ができていたので、じわっと並ぶ。整理番号順でしたが、一番前のブロックにいる私。結構前に座れそう。しかし、とても暇。なので、M.I.Bみたいなスタッフを見たり、「自前のシアターっていいなぁ。うちの会社買収してくれないかなぁ」とか問題のあることを考えながら待ってみる。

◇ ◇ ◇

19時半~!ついに開場!

お好きな席へGo!前から2列目の端っこが空いていたのでそこに座る。両側挟まれるの好きじゃないので、やったね!って思っていたのだが・・・ひょいと舞台を見ると、マイクスタンドが立ってる・・・そう。私は、下手(舞台に向かって左)端にいたのでした。完全に司会者が立つんじゃん?そこ。じゃぁ、演者は必然的にこっちみるじゃん?う・・・でも、大丈夫。演者は客なんて見ないと心に言い聞かせて開演を待つ。

その間、結城さんに無事会場入りしたことを報告。「こちら、ゆにゃ~く。潜入に成功せり」「そのまま任務を完遂せよ」「らじゃ~」みたいなやり取り。二人とも良い大人なのに(笑)私のつまらないメールに乗ってくれただけなので、結城さんには落ち度はないのだけれども。で、それを最後に無線機(携帯)の電源OFF。ミッション開始まで、しばし兵士の休息。つまり寝てた。眠かったんです・・・。

20時~!開演!!

司会者の方がいらして、イベント開始。早速呼び込まれるキャストたち。まずは、主役のバーディー、千葉さん。そして、ヒロイン(笑)千川つとむ、入野君。千川つとむの友人、伊藤かな恵ちゃん。そして、キレもの(という設定らしいが・・・)のジャーナリスト、藤原啓治さん。わ~、ぱちぱち!そして起こる野太い(w)「紗~ちゃん」コール。他の人のファンはいなかったのか、「紗~ちゃん」に気を削がれたのかコールなし。あらら。早速、始まる千葉さんの客いじり。

千葉「みなさん、こんばんわ~。こんなに一杯来てくださって。平日なのに(笑)」
客「ほんとだよ!(笑)」
千葉「ほんとだよね~。帰りの時間とか大丈夫?何時までおっけ~?」
客「何時まででも!」「朝まで!!」
千葉「あ、ぜんぜん大丈夫なんだ」
客「次の日休みだから!」
千葉「休み?!いいな~。じゃ、時間は気にせずにやっていきましょうか!」
司会者「いや、時間は気にしてやって頂けるとありがたいんですが(冷静なツッコミw)」
千葉「あ・・・(司会者にぺこり)じゃぁ、時間は気にしつつということで(苦笑)」

ここで、長澤侑のファッションチェ~ック!!

千葉さんのその日の衣装。(同じ日に記者会見もあったようなので、写真が色んな所に上がっていますので、そちらでご確認下さい。ただし飛んでるけどw)生成りのレーシーなワンピースに同じ色のジャケット型のベスト、ルーズなロールアップジーンズに赤のエナメルのワンストラップパンプス。胸元に黒い蝶のネックレス、左手首にプラチナのブレスレット、薬指のは見なかった事にして、プラチナのピンキーリング。全体的にはラブリーだけれども、甘くなりすぎないようにクールなアクセサリーで締めてくる上級テクですね。髪はストレートで、 ポイントメイクでナチュラルな千葉の魅力発動という感じ。

取り敢えず、言っていい?

か わ い い

むちゃむちゃ

か わ い い

千葉さんは、メディアで見かけるのとほぼかわらないという非常にまれなタイプですね。普通は現物の方が痩せてたり、ってのが一番多くて(カメラのレンズが湾曲しているため太ってみえる)あとは、現物の方がキレイだったり、その逆だったりってのが往々にしてあるんですけども。強いて言えば、想像してたよりも大きく(背が高く)見えました。そんなにヒール高くなかったけど、なんでだろうね~。手足が長くて、顔が小さいから視線が上にいきがちってのがまず一点。あとは、やっぱ存在感なのかしら。

は!ガン見している間に、時が進んでる。いかん・・・何かお話があった気が・・・たぶん、一話の見所・・・

意識を取り戻した時には、司会者の方に「キャストのみなさんには一旦下がって頂いて、第一話の上映に参りましょう。では、拍手で送り出して下さい」とか言われる始末。すんません。拍手の中、袖に消えてゆく千葉さん。さ、さよなら・・・

そして始まる第一話。千葉さんの声ってかバーディーの声は、そーですねぇ、地声を少し高くして、クリアにした感じですかね。何故か、伊藤静に聞こえました。たまネェよりべったりしてない感じ?怒鳴るとなつき分が補給できないこともないが・・・そう言う目的なら『コードギアス』の千葉(役名ですwどうやら『なぎさ(凪沙?)』という名前のようだが・・・EDでは『千葉』としか)の方がキャラ的にも似てていいかなと。

画に関しては、私が語るようなことでは無いので、1つだけ。そう言うのは映画でやれば?っての!前の方に座ったので、とにかく効果音がうるさくて、セリフが聞こえないわ、酔うわで大変でした。試写場だったから、サウンドシステムが良かった為かもしれませんけども、セリフが聞こえないのはバカのやることなので・・・あ、一つだけって言ったのにけっこうぐちぐち言ってるwもう、やめます。

ラスト数分、袖にスタンバイしてた演者の話し声や笑い声が聞こえる。とりあえず、和やかな現場なことは分かりましたが・・・うるさい(笑)そんなんだったら、生オーディオコメンタリーにしてよ!こっちだってその方が(略)そんなこんなで、1話終了。

再び現れるキャスト!椅子が用意されて、千葉さんは主役なので真ん中に、その向かって右が入野氏、伊藤かな恵さん、藤原啓治さん。左にプロデューサー2名。珍しく2名とも女性でした。そしておまちかねのキャストトークイベントが始まる。

司会者「1話をやってみての感想は?」
千葉「周りの役がどんな風なのかと、その役との絡みも含め、探り探りでバーディーを作っていく感じでした」

他の人割愛。

司会者「本作の見所は?」
千葉「見所~。そおですねぇ、じゃあ入野君よろしく(笑)」

と、入野氏に無茶振りする千葉さん。一笑い。でも、入野氏割愛(おい!)

伊藤「じゃぁ、入野さん」

でも、入野氏割愛(おいおい!)

藤原「入野君に振った方がいいの?この流れだと」

一笑い。

他、サブタイトルやアニメオリジナルにした意味などを制作悲話いや秘話をプロデューサーから、だぶん色んな所に載っていると思われるので割愛。

司会者「自分のキャラ以外で気になるキャラは?」
千葉「バーディの上司みたいな人が今後出てくるんですけど、2人ともキャラが濃いので注目です」

他の人割愛。

司会者「バーディの地球人としてのかりそめの姿、有田しおんについては?」
千葉「あれ、イラっとするでしょう?(笑)」
客「(笑)」
千葉「違うの。聞いて!あれはイラっとするような感じでって監督からの指示だったの!私は最初かわいい感じでやったのね」
司会者「では、ビフォアアフターをやって頂けますか?」
千葉「え?!えー、忘れたゃったな・・・。どんなんだったけ?(と、他のキャストさんに聞く。けっこうキャピっとしてたと返ってくる)ですよね、たぶん『有田しおんであります(キャピッと元気に)』みたいな感じでテストしたんですよ。そしたら、監督から「もっとイラっとするようにやってもらえますか?」って言われて、「わかりましたー(納得いかないご様子)」って、「有田しおんでありますぅ~(ダルくてイタイ感じ)」って言ったら、監督が『それ、頂きます!』『―って「えっ?!今のでいいの?』みたいな感じだったよねー?(と、周りうんうん)」

天然宇宙人キャラ有田しおんの真似は現場で流行っているそうです。

と、ここで、特別ゲストと言うことで、グラビアアイドル木口亜矢さんバーディーの衣装で登場。(詳しくはヤンサンやら記者会見の模様でどぞ)

ぱちぱちぱち。盛大な拍手。

が!客の反応が微妙!あんなに露出してんのに!2次元or2・5次元にしか興味ないか?

プロデューサーから劇団☆新感線の衣装をやっていらっしゃる方に作って頂いたとかそう言う話が続いて・・・

と、千葉さんの反応は?

千葉「・・・・・・(ボケーッ)」

やばいよ!その顔はまずいよ!興味持ってあげて!あなただって17くらいの頃―

お前は黙っていろ!(( ゚д゚)=◯)`ν゜)・;'ううっ・・・

とにかく、懸命に念を送る。あ!動いた!

司会者「キャストのみなさんは間近で見られて如何ですか?」
千葉「お顔も似てらっしゃるし、ほんとにバーディーみたいですね」
入野「似合ってますよねぇ。いいなぁ。」
千葉「着ていいよ(半笑い)」
入野「いいんですか?!」
千葉「それで、アフレコ来なよ(さらに半笑い)」

割愛。

藤原「だいぶ(木口さんの)目を見られるようになりました(笑)いつも掛けている濃い色のサングラスかけてくれば横目でじっくり見れたのに・・・今日に限って薄いの掛けてきちゃって」

一笑い。

さらに木口さんのターン。ヤンサン撮影悲話(暑かったとかそんなの)など話は続くが・・・そんな中、私はなぜこんな微妙な気持ちになるんだろうと・・・しばし考える。

まさか・・・

千葉、木口、千葉、木口・・・と、見比べる。

!?

千葉さんのがかわいいと言う事実!グラビアアイドルと声優(元舞台俳優)年だってかなりの差があるはず・・・なのに!千葉が着ればいいの~に結論~♪(らき☆すた的に)

で、ヤンサン買ってねってことで木口さんのターン終了。

そして、お楽しみプレゼントコーナーへ。入場時に、整理券をもらっていたのだね。プレゼントはバーディのキラキラポスター↑の4名のサイン入り。それを、プロデューサーが客席に向け・・・きらっ!

「ぐぁ!眼がぁ!眼がぁぁっ!」(ラピュタ的に)

千葉さんの隣にいたPが持ってるもんだから・・・私は、ピカチュウフラッシュに弱くて気持ち悪くなるんどす・・・

とことで。ここでサングラスを活用。蝶野のような面で、千葉さんをガン見(怖!)しつつ、

お、お願いらからぁ・・・動かさないでぇ・・・(エロゲ的に)

と、Pに念を送る。いや、ポスターをね。

てなわけで、ひどい格好(と、伊藤さんが『奇抜』という言葉と遣い間違った気がするのだが・・・記憶が曖昧)の木口さんから『忌まわしの黄金ボックス』的なもので抽選。

次、千葉さん。特に何事もなく、当選番号の発表。

そして、入野氏。
やるぞやるぞオーラを振りまきつつ、箱の中に手を入れて「痛!」みたいな・・・客引きまくり。「でも、自由めげないもん!」とばかりに、手を引き上げて、食い千切られた風に・・・って、手、袖に入ってないし!萌袖か!はぁ・・・やるならやる!やらないならやらない!

次、伊藤かな恵さん。

「この箱を・・・」

と、ちいさな体で、箱を持ち上げて、顔の前で傾け・・・

「ごくごくごく」
「飲むんかい!」

と千葉さんの過剰な突っ込み。あ~、何かやろうって打ち合わせしてたのね・・・そうですか・・・
伊藤さんは・・・青ニか。金田さん、あの子に笑いとは何たるかを教えてあげて!

次、藤原さん。ぶらっと箱まで。おもむろに手を突っ込み。

「熱っ!」

と、手を耳に。ここでやっと客笑う。藤原さんが口を開くと必ず客が笑うんですよね(笑)間がね・・・なんとも言えないんですよ。やはり、こう、貫禄ってかいぶし銀の技というかなんですかね~。入野君、伊藤さん、がんば~!

で、お楽しみ抽選会は終了。見本のポスターが下がったので、サングラスを外す。でも、ちょっと酔ってる・・・うぅっ。

司会者「それでは、最後に本日ご来場の皆さんに一言づつお願いします。それでは、まず木口さん」

また木口さんのターンw

木口「(一言つったのに、長いので割愛)バーディーを観たら、時々私のことを思い出してください」

客、ここで湿った笑い(笑)う~ん。なんか、ちょっと違うよね?ってことかな。

千葉さんを抜かして、入野君、伊藤さんと続き、藤原さん

藤原「・・・・・・」

妙な間を作りつつ

藤原「室戸を観たら、僕のことも思い出して下さい(笑)」

と、笑いを取りつつ

藤原「本当にね、『鉄腕バーディー』おもしろいんで。見所?・・・見所はどこかって言うと、なんつってもバーディーのアクションが、こう、すごくて。攻撃を避ける時とか、くねくねくねくね(と、手でやってみせる)動きがすごいんで」

妙に長いので、千葉さんツボって爆笑を始める。だが、藤原さんのターンは続く。

藤原「(突然いい声で、トレーラーのナレーション風に)○○○なアクション!(○は忘れました・・・それらしい言葉です)え~(続かない)」

藤原「(テンション落ちて)・・・とにかく、『鉄腕バーディー』観てください」

でた!現代人に必要な適当力!すばらしい!

そして、締めは主役のこの人!

千葉「え~(藤原さんの適当トークにダメージを受けている模様)『鉄腕バーディーDECODE』本当に見所がたくさんありまして。(藤原さんの話を受けて)まず、べらぼうなバーディのアクション(笑)」

べらぼう?何?今、べらぼうつった?言葉のチョイスがおもしろすぎるんだけど!べらぼう!(ブラボー的に)

千葉「で、パーディを見たら、木口さんを思い出し、室戸を見たら藤原さんを思い出し、バチルスを見たら自由君を思い出し。私のことは、そうだなー、どこで思い出してもらおうかなー(笑)」
入野「予告で」
千葉「(それを受けて)そーですねぇ。予告で。『千葉紗子でありますぅ~(有田しおんの声で)』」

と、まぁ、一笑いあって、

千葉「『鉄腕パーディー応援よろしくでありますぅ~(有田しおんの声で)』」

と、最後は、キャラ声で締め。

「紗~ちゃ~ん(やはり野太いw)」とコールする観客に手を振りつつさようなら。て、感じでした。

演者が去ってから、アンケートに記入。

Q好きなアニメがあれば教えて下さい
A舞-HiME

空気?読まないよ!さらに、1話を観ての感想、キャストへのメッセージの項目では千葉さんの名前を出して、千葉さんの客であることを強調。ポスターと携帯ストラップを貰いまして会場を後に。地下鉄に乗って帰路に・・・

あれ?体が・・・ダルい・・・

何故?

それは、たぶん、千葉さんがかわいすぎるから!

どれくらいかわいいか・・・表現が、難しいんですが、『ずっと見ていたいほど』ってのはどうでしょう。

とある、声優さん(まぁ、大原さやかさんですがw)が、「アフレコ中は、ずっと千葉紗子ちゃんのこと見ているの♡」とおっしゃってましたが、その気持ちが本当に良くわかりました。

考える時に頭を掻く癖があることとか、その指がとても長くて、キレイで・・・思わず、抱かれたい!と思うほどだったりすることとか(いや、自重はしない!)、人の話をうんうんって聞いてるかと思えば、どこか一点を見つめてぼーっとしてみたりすることとか、(これが、ドクロのラジオの時に、突然黙り込み、うpさんに突っ込まれて、ようやく「いや、加湿器が・・・」(除湿機だっけ?)とぽつりと呟いた、あの技かと思ったり)、そうかと思えば、のけぞるほど笑ったり、ドSな無茶振りを笑いながらしたり、なんと表情が豊かなことか!本当にずっとみていたい!

そんな、彼女を見ている間、体は(;´Д`)ハァハァしたかったんだと思うんですね。なんだったら、タマリマセンワー(*゚∀゚)=3て言いながら萌え転がったりしたかったんだと思うんです。でも、公共の場だからそれができないと。その自分でも意識しない我慢の蓄積がこのぐったりの原因ではないかと。いるだけで満たしちゃう女、千葉紗子。そら、何にもしなくてもジゴロ言われるわなと、体感した試写会でした。

んで、任務が終わったので、結城さんに報告。

「任務完了しました。ぐったりするほど、千葉さんがかわいかったです」

と、メルメルメルメル(絶望先生的に)

すると、結城さんから、「かわいかったのですかー!(泣)私も、ぐったりしたかった」と返信がww

あの方、あまりメールでテンション高いことないんですけどね。少なくとも私とメールしている時は・・・ど~いうことだ!!(笑)今度会ったら、ちょきでパンチしてやる!!(嘘。お礼をさせて頂きます。)

とことで、ぐったりするほど満たされたイベントでありました。



は~い。以上で、レポート終了です。
私の記憶を書き起こしたので、細かいところは違うとは思いますが、その辺はご了承下さい。
また、なんか、くっそ長いな(笑)読んだ方お疲れ様でした。

  1. 2008/07/06(日) 23:08:59|
  2. お返事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お返事(2008.07.07~2008.07.19) | ホーム | お返事(2008.06.01~2008.06.22)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murasakinosuishyogoo.blog53.fc2.com/tb.php/163-c5524fe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫の水晶宮

ここは舞-(乙)HiMEの静留(シズル)・なつき(ナツキ)・奈緒(ナオ)への愛をこじらせるファンサイトです。版権元とは一切関係御座いません。勝手ながらR18とさせて頂いておりますので、18歳以上の分別のある大きなお友達だけ遊びにいらしてください。百合の花が仰山咲いておりますので、閲覧は自己責任でお願いします。 当サイトの全ての画像及び文章等の無断転載・引用はご遠慮下さい。

プロフィール

長澤 侑

Author:長澤 侑
性別:ネコ
属性:ヘタレな王子
特徴:ビタミンShizuru分が足りなく
    なるとヘタレる
持病:静留病
    (英名:シズル・シンドローム)
尊敬する人:
ヘタレの星玖我なつき
ヘタレ学園長ナツキ・クルーガー

最近の記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

n4272は葱記念♪n7242はマヨ記念♪ うっかり踏んだ方は、はんなりと連絡をおくれやすvリクエスト・その他もお気軽に♪

最近のコメント

参加同盟

ヘタレなつきち同盟 4272.union なつ静同盟        

GO→素敵サイト様

  • ぽん太小屋(ぽん太様)
  • ニートorニード
  • 駄目な日々(くじら様)
  • Silver*Garden おかしなお菓子の詩 Planetarium drop ××× 三番地中央病棟
  • SS倉庫(R18)(M様)
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    当サイトはリンクフリーです。ときめきはったらお嫁にもらって下さい。お手数ですがR18の表記をお願い致します。連絡は頂ければ嬉しいです。

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。