FC2ブログ

紫の水晶宮(Я18)

つれづれなるまゝに日ぐらし硯(PC)に向ひて心に移り行くよしなしごと(妄想)を、そこはかとなく(だらだらと)書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ(私の脳みそはもうだめだ・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真夜中は純潔⑯(終)

ナツキ「・・・ん?」
シズル「どうしたん?」
ナツキ「いや・・・ずっと同じ文字を見ていると、突然理解できなくなる時ないか?」
シズル「ひらがなとか同じの書いてると、よう分からんくなる時がありますなぁ。ゲシュタルト崩壊とか言うらしよ」
ナツキ「へぇ。なら、シズルって何度も言ってると『しじゅる』になるのもゲシュタルト崩壊か?」
シズル「違うと思いますけど・・・ナツキ、そないに何度もうちのこと呼んでるん?」
ナツキ「あ・・・いや・・・それは///」
(―んっ・・・)

まばゆい光が、ふわふわと動いていた―
褪せていた色が次第に戻ってきて、瞳に映るものが形を成してゆく。

あれは何―
カーテンから漏れ出た光の筋が指し示す先に、何か光り輝くものがあった。

(髪留め・・・そうや・・・うちが外して・・・放った・・・)

あれは、なつきのものだ。
自分のはどこに行ってしまったのか―
でも、それはどうでもいい。
心も体も気だるくて、もう少しこのままたゆたっていたかった。

この温もり―なつきの温もりに浸って。
(―あっ・・・なつきの上に・・・)
意識を飛ばしている間に、ソファから落ちないようなつきに引き寄せられていたようだ。
なつきの呼吸に合わせて、自分の体が上下に動く。

(なつき、怒っとるやろな―)

そっと様子を伺う―
なつきはじっと天井を見つめて、何事か考えに耽っているいるようだ。
静留が目を覚ましたことには気づいているであろう―
だが、なつきは何も言わなかった。

沈黙は恐怖であり、そしてそれが破られることも恐怖であった。

(はぁ・・・どないにして謝ったらええんやろ―)

突然、大きく視界が動いた。
なつきが大きく息吸う。
軽い咳払い―

(・・・何て、言われるんやろ―)

心臓が跳ねて、鼓動が痛かった―
静留はぎゅっと瞳を閉じた。

「―静留?」
「はい」

なつきは静留の体を引き上げ、軽く抱き寄せる。
静留はなつきの首筋に顔をうずめて、言葉を待った。

「明日、母さんのところに行こうと思うんだが―」

「お前も一緒に来てくれないか?」

(―えっ)

思わぬ言葉に顔を上げると、優しい視線とぶつかる―
強い意志を覗かせる、澄んだ瞳。
あの日この瞳に心を奪われた。
だから、今更抗うことなどできるはずもないのだが―
ただ不安だった。

(―あそこに・・・)

「うち、も?」
「あぁ。ダメか?」
「・・・ええよ。車、出しましょか?」
「んー。できれば、バイクで行きたい」
「そう・・・なら、そうしましょ」
「・・・ん」

それだけ言うと、なつきは満足そうに薄く微笑んだ。
そして緩慢に瞳をしばたかせ―やがて、目蓋を閉じた。
呼吸が浅くそしてゆっくりになってゆく―

「寝はる?」
「ん、少し・・・」

なつきは、自分の下にあるバスタオルの端を掴むと、静留を抱きしめるようにして包み込み―温もりを逃さぬようにぴたりと寄り添った。
それとも温もりを与えようとしてくれているのだろうか―

「お前も・・・寝ろ・・・」
「うん」

そう返事をしたものの、眠れそうにもなかった。
埒のない考えが、浮かんでは消えてゆく―

あの場所に自分を連れて行って、なつきはどうするつもりなのか―
良い想い出も、悪い想い出も、たくさんあるあの場所。
なつきにとっても、そうであるはず。

物語が動く処

なつきの息遣いを聞きながら、静留はただ髪留めが光るのを見ていた。
  1. 2007/01/28(日) 00:03:33|
  2. 真夜中は純潔(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<終わりの始まりは、始まりの終わりである | ホーム | お返事(2007.01.20~2007.01.26)>>

コメント

実は

ずっと密かに読んでおりました!
お疲れ様でした!
すげーなんか切なくて、静留さんの不安とかそんなんが痛くて・・・。
でも・・なつきのオトコマエっぷりがやっぱり好きです・・・静留もきっと。
ごちそうさまでしたm(_ _"m)ペコリ
  1. 2007/01/28(日) 23:11:23 |
  2. URL |
  3. テツ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murasakinosuishyogoo.blog53.fc2.com/tb.php/74-b3b711eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫の水晶宮

ここは舞-(乙)HiMEの静留(シズル)・なつき(ナツキ)・奈緒(ナオ)への愛をこじらせるファンサイトです。版権元とは一切関係御座いません。勝手ながらR18とさせて頂いておりますので、18歳以上の分別のある大きなお友達だけ遊びにいらしてください。百合の花が仰山咲いておりますので、閲覧は自己責任でお願いします。 当サイトの全ての画像及び文章等の無断転載・引用はご遠慮下さい。

プロフィール

長澤 侑

Author:長澤 侑
性別:ネコ
属性:ヘタレな王子
特徴:ビタミンShizuru分が足りなく
    なるとヘタレる
持病:静留病
    (英名:シズル・シンドローム)
尊敬する人:
ヘタレの星玖我なつき
ヘタレ学園長ナツキ・クルーガー

最近の記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

n4272は葱記念♪n7242はマヨ記念♪ うっかり踏んだ方は、はんなりと連絡をおくれやすvリクエスト・その他もお気軽に♪

最近のコメント

参加同盟

ヘタレなつきち同盟 4272.union なつ静同盟        

GO→素敵サイト様

  • ぽん太小屋(ぽん太様)
  • ニートorニード
  • 駄目な日々(くじら様)
  • Silver*Garden おかしなお菓子の詩 Planetarium drop ××× 三番地中央病棟
  • SS倉庫(R18)(M様)
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    当サイトはリンクフリーです。ときめきはったらお嫁にもらって下さい。お手数ですがR18の表記をお願い致します。連絡は頂ければ嬉しいです。

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。