FC2ブログ

紫の水晶宮(Я18)

つれづれなるまゝに日ぐらし硯(PC)に向ひて心に移り行くよしなしごと(妄想)を、そこはかとなく(だらだらと)書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ(私の脳みそはもうだめだ・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だいすき②

シズル「正しいチョコレートの渡し方。まず、相手の懐に潜り込みます」
ナツキ「こ、こんな風にですか?」
シズル「ん、ええよ。そして一言『食べて、下さい・・・』とつぶやきます。ちょっと声が掠れてたり、震えてたりすると、ええと思います」
ナツキ「掠れてたり、震えてたりかぁ・・・難しいですね」
シズル「ほな、練習してみましょか♪」
ナツキ「お姉、さま・・・た、食べて、下さい・・・」
シズル「ええの?」
ナツキ「はい・・・」
シズル「ほな、いただきます♪」
ナツキ「―んぅ?!ちょっと、待って下さい!!チョコの話はどこに行ったんですか!?」

「藤乃~~!!」

(とかなったら、それはそれで―)

「聞いてるの!藤乃!!」

(いや、あかん。やっぱりチョコレート渡したいし・・・)

「くぉら~~!藤乃!」
「えっ?」
「『えっ?』じゃないわよ!何をぼんやりしてるの!」
「あぁ、遥さん―」

顔を上げると、中・高等部以来の友人―互いに絶対認めないないのだが―珠洲城遥がそこに立っていた。
静留が頭の中のちょうちょを追いかけている間に、いつの間にか講義は終わっていたらしい。
周りを見ればすでに学生の姿はほとんどなく、荷物を片付けては一人また一人と教室を後にして行く―
静留は遥に内心の動揺を悟られないように、見られたらさすがにまずいことが書いてある手帳をゆっくり閉じた。
そしてそのまま何事も無かったかのように、遥の説教を聞きながら荷物を片付け始める。

「『あぁ、遥さん』じゃありません。何をぼんやりしているの!後期試験前のこの大事な時に、あんたって人は~~~」
「お勉強やったら、ちゃぁんとしてますえ」
「そうこなっくっちゃ!前後不覚のあんたなんか倒しても、意味はないのよ!!全力できなさい!全力で!」
「遥さん?試験は、試合と違いますえ?」
「何を甘っちょろい!試験は試合よ!いいえ、あなたとあたくしの果し合いよ!」
「えらい大袈裟なんやね」

噛み合っているような、いないような会話を交わしながら静留は手帳に鍵を掛けた。
大事なそれに鍵が掛かっているのを確認して、一撫でしてから鞄に収める。
遥は試験勉強の大切さを切々と訴えているが、バレンタインデーに思いを馳せる静留にとっては、家でもできる試験勉強より、家ではできないチョコ作りの方が余程重要なことであった。
(チョコレート―ほんまどうしよう・・・ほんで、この人は何しに来たんやろな・・・)

「同じ土俵に立ったのならば、ふんどしをしっかりと締めて―」
「土俵なのにふんどしなん?まわしやのうて?」
「きぃぃぃぃ!そんな粗末なこと!この際、どっちでも構いません!私は、油断するなと言いたいのです!」
「はぁ・・・瑣末やけど・・・聞いてへんし・・・」
「良い事?試験は、努力と継続と根性~~~!!」
「くすっ。相変わらずやねぇ―けど、ここは大学やからな・・・情報と要領とお友達という感じやないやろか?」
「どいつも、こいつも!大学生になった途端にずるいやり方覚えて・・・学生の本分は勉学にあり!!」

どすどすと床を踏み鳴らしながら熱弁を振るう遥を見ていて、静留はふと思い立った。
大学生活というのは、情報と要領とそして―
(お友達―そうや!遥さんに頼めば、なつきには伝わらんやろうし・・・菊川さんには口止めしといて・・・それがええ!)
そうと決まれば手を打つより他は無い―静留は、遥が息を呑む瞬間を待った。

「―講義にはロクに出もしないくせに、友達からノートを貸りて。どうして、試験前になったらコピー機に長い列ができるの!!」
「あんなぁ、遥さんにお願いがあるんやけど―」
「あによ!言っておくけど、ノートなら貸さないわよ!!」
「貸して欲しいんは、ノートやのうてキッチンどす」
「はいぃっ?」

あまりに唐突な静留のお願いに、遥は昔のアニメキャラが驚いたような姿勢―左手は身体の前、右手は頭の後ろ―で固まった。
そのまま思考まで固まってしまったようで、遥は壊れたロボットのような声を上げる―

「どどどどどど?」
どう言う事?と訊きたいらしい遥の思考を汲み取って、静留は続けた。
「言葉どおりの意味どす。遥さんの家のキッチン貸してくれへん?」
「ええええええ?」
「お願いします」
「えっと、えっと」
「あかん?」

静留はぺこりと小さく頭を下げた。
下げたと言うよりは小首を傾げたに近かったが、少なくとも遥には下げたように見えた。
遥の自分でも気づかない願望がそう見せたのだろう。
遥の先程の姿勢は、驚きに驚いたせいで捩れに捩れ、今や往年の漫才師のような姿勢―左手は身体の前、右手は左の耳―で固まった。

(ぶ、ぶぶ漬けが頭を下げたーーーーー!!あたくしの実力を脅威に感じているのね!!)

遥の固まった思考は動き出したが、万人にはどうにもよく分からない答えを導き出したようだった―
だがしかし、そのおかげで物事は静留の思い通りの方向に進んでいた。
遥は驚きのポーズを解いて、今度は腰に手を当ててふんぞり返り、びしっと静留を指差して無闇に偉そうに言った―

「よろしくってよ!あなたがそこまでおっしゃるなら、キッチンの一つや二つ―」
「一つでええんよ・・・聞いてへんし・・・」
「この珠洲城遥が用意して差し上げるわ。ほっほっほっほ~~」
「何やわからんけど、貸してくれるんやね。おおきに」
「礼には及びませんわ。このあたくしに不可能なことなど、ありません!!ど~んと、ドロ舟に乗ったつもりでいてよろしくってよ!!」
「大船やねぇ。頼もしいわぁ。来週の木曜日あたりにどないやろか?」
「いつでも構いませんことよ。かかってらっしゃい!!」
「ほな、お言葉に甘えさせて頂きます」

静留はカタンと小さな音を立てて席を立った―
跳ね上げ式の椅子を手で押さえることを忘れない。
どこまでもエレガンスな静留は、遥に微笑み掛けて礼を述べた。
「うち、困っとったんよ。ほんま、おおきに」
「いいってことよ。この珠洲城遥、小さなことは気にしないわ!!」
「うふふ、さすが遥さん。ほな、またな」
「ええ。ごきげんよう」

静留は、花も綻ぶような笑みを残してその場を立ち去る―
後に残された遥は、仁王立ちのまま勝利の余韻―何に勝ったのかは分からないのだが―に浸っていた。

「ふふふ・・・ふふふふふふ・・・ついに、ついに、あたしの時代が来るのね!!打倒!!ぶぶ漬け~~!!ほっほほほ!ほ~っほほほ」
遥の鬨の声が誰もいない教室に木魂した―

はずだったのだが、次の講義に来た学生達がすでにそこにいて、

「ぶぶ漬けって何だっけ?」
「お茶漬けのことじゃないっけ?京都で」
「“打倒お茶漬け”ってなんだろうね?」
「さぁ?かわいそうな子・・・」

と、学内での遥の評判は、静留と違い『かわいそうな子』となってしまったのだった。
  1. 2007/02/12(月) 22:49:30|
  2. だいすき(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お返事(2007.02.10~2007.02.16) | ホーム | お返事(2007.02.03~2007.02.10)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murasakinosuishyogoo.blog53.fc2.com/tb.php/80-5d2250a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫の水晶宮

ここは舞-(乙)HiMEの静留(シズル)・なつき(ナツキ)・奈緒(ナオ)への愛をこじらせるファンサイトです。版権元とは一切関係御座いません。勝手ながらR18とさせて頂いておりますので、18歳以上の分別のある大きなお友達だけ遊びにいらしてください。百合の花が仰山咲いておりますので、閲覧は自己責任でお願いします。 当サイトの全ての画像及び文章等の無断転載・引用はご遠慮下さい。

プロフィール

長澤 侑

Author:長澤 侑
性別:ネコ
属性:ヘタレな王子
特徴:ビタミンShizuru分が足りなく
    なるとヘタレる
持病:静留病
    (英名:シズル・シンドローム)
尊敬する人:
ヘタレの星玖我なつき
ヘタレ学園長ナツキ・クルーガー

最近の記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

n4272は葱記念♪n7242はマヨ記念♪ うっかり踏んだ方は、はんなりと連絡をおくれやすvリクエスト・その他もお気軽に♪

最近のコメント

参加同盟

ヘタレなつきち同盟 4272.union なつ静同盟        

GO→素敵サイト様

  • ぽん太小屋(ぽん太様)
  • ニートorニード
  • 駄目な日々(くじら様)
  • Silver*Garden おかしなお菓子の詩 Planetarium drop ××× 三番地中央病棟
  • SS倉庫(R18)(M様)
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    当サイトはリンクフリーです。ときめきはったらお嫁にもらって下さい。お手数ですがR18の表記をお願い致します。連絡は頂ければ嬉しいです。

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。