FC2ブログ

紫の水晶宮(Я18)

つれづれなるまゝに日ぐらし硯(PC)に向ひて心に移り行くよしなしごと(妄想)を、そこはかとなく(だらだらと)書きつくれば、怪しうこそ物狂ほしけれ(私の脳みそはもうだめだ・・・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だいすき③

シズル「正しいチョコレートの食べ方。まず、唇で挟みます」
ナツキ「なるほど」
シズル「それから舌先で探るように舐めて―少し溶けかかってきたところで、舌の上に乗せます。タイミングが重要やね♪」
ナツキ「そ、そのタイミングはどうやって計れば??」
シズル「ちょおと言葉にするんは難しいから、実践してみましょか♪」
ナツキ「お願いします」
シズル「ほな、瞳ぇ閉じて―」
ナツキ「え?何故?」
シズル「先人の教え―“考えるな 感じろ”どす」
ナツキ「さすが、お姉さま。では―お願いします」
シズル「ナツキ―きばりよし」
ナツキ「・・・ん?!・・・んん?!・・・んぅ?!んんぅ?!んっ・・・ぅん・・・ぅ・・・」
シズル「ん・・・ナツキ、わかりました?」
ナツキ「・・・はにゃにゃにゃはにゃにて・・・ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~」
静留がここまでバレンタインに気合を入れているには訳があった。
なつきに想いを告げられずにいた頃に渡していたチョコレートは、いわゆる“友チョコ”以外の何ものでもなかった。
蝕の祭が終わり、なつきが静留の想いを知った後は―
想いを知られているが故に、冗談に紛れさせてチョコを渡す訳にもいかず、作ることさえ憚られた。
だから、これが静留にとっては初めて迎えるバレンタインデーであり、恋する乙女としては気合が入ると言うものである。

大学からの帰り道、静留は本屋に立ち寄った。
作る場所が決まって、嬉しさのあまりいてもたってもいられなかったのだ。
駐車場のあるその本屋は割合と大きく、品揃えも良いと評判の店だった。

(バレンタインデー・キッス! リボンを掛けて~♪)

静留は、珍しく鼻歌をふんふんと歌いながら、車を停めた―

店内に入って料理本のコーナーに行くと、探すまでもなくバレンタイン関係の書籍や雑誌は目立つよう平済みにされていた。
静留は先程から、表紙をちらちらと眺めては、手にとってぱらぱらと繰り―それをまた丁寧に戻すという作業を繰り返していた。
本をめくる度に、どんなものをなつきは喜ぶだろうと考えては、益々胸が高鳴ってゆく。
少し上気した頬は薔薇色に染まり、胸が苦しくて―静留は、ため息を一つついた。

(はぁ・・・全然頭に入って来ぃひんなぁ・・・)

静留は、少し気を落ち着かせようと、バレンタインコーナーを離れて店内をぐるりと見て回った。

女は中身で勝負―と、題された女性誌の下着特集を見てはなつきのことを思い。
ホンダとスズキ新車比較―というバイク雑誌を見てはなつきのことを考え。
北欧家具でシンプルに決める―という、家具雑誌を見てはなつきと共に暮らす家に思いを馳せ。
名湯秘湯のお宿100軒―という、旅行雑誌を見てはなつきと旅行に行くならどこがいいだろうと思う。

結局―

何を見ても、何を聞いても―例えば、店内に薄くかかっている流行の歌を―なつきと結び付けてしまい、心は落ち着くどころか、ますます高鳴っていく―

(はぁ・・・かなんなぁ・・・)

店内を一回りして、バレンタインコーナーに戻ってきた静留は、またひとつため息をついた。
そして、ちらりと腕時計を確認する。

(あ・・・もう、こないな時間・・・はよ、帰らな)

なつきは、人から指摘されると顔を真っ赤にして否定するのだが、極度のさみしがり屋で―
静留の帰りが遅くなると、大抵すねてしまっていた。
だから静留は、よほどの事が無い限り、大学からはまっすぐ帰ることにしていた。
なつきに喜んでもらう為に本を選びに来たのに、なつきにさみしい思いをさせてしまっては本末転倒である。

(根性!やね・・・)

と、静留は心の中で、先程別れたばかりの遥の真似をしてみた。
遥の言うように根性やら気合やらで、物事が万事解決するとは思わなかったが―
愛しいなつきの為ならばと、根性!根性!と心の中で呟いてみる。

すると、輝きを放ってぼんやりと光るだけで意味をなさない雑誌の群れの一点に、突然焦点が合うように視線が吸い寄せられた―

(あぁ、あれがいいわ。うちらしい―)

そこには、まるでずっと以前から静留の為に用意されていたかのような―似合い過ぎる一冊があった。
静留はそれを手に取ると、うきうきとレジへ向かった―

その日は、どこまでも遥が静留のラッキーパーソンだったようだ。




「ただいまぁ」

静留が家に帰ると、なつきは制服を着替えもせずにリビングでTVゲームに興じていた。

「おかえり」

なつきはちらりと静留を見てそう言うと、すぐに視線を画面に戻す。
あぐらをかいて、TVに向かって一心にぴこぴことやっている様は、他の女の子ならぞっとしない光景であったが―
これが惚れた弱みと言うものだろう―なつきがやっていれば、かわいいと思える。
静留は、きちんと正座をしてなつきの側に腰を降ろした―

「遅かったな」
「ちょお、本屋さんに寄っとって―堪忍な。おなかすいてはる?」
「いや―舞衣とケーキを食べに行ったんだ。だから、あまり」
「そうなん?」
「けっこういい店だったから―今度、お前にも教えてやる」
「なんてお店?」
「・・・忘れた」
「もぅ、なんやの。それ」

静留はくすくすと笑った。

「うち、行かれへんやないの」
「ば、場所は覚えてるんだ。一緒に行くんだから、それでいいだろう?」
「連れていってくれるん?」
「あぁ・・・」

なつきは懸命にゲームに集中しているフリをしている―
けれども、無理に硬い表情を作っている頬は薄く染まっていた。
暗にデートに誘ったことに気づいて、恥ずかしくなってしまったのだろうか―
昔から変わらずに照れ屋さんではあるが、昔とは違って自分からどこかに出かけようと誘うようにもなっていた。

かっこよかったり、かわいかったり。
大胆なことを言ってみては、自分の言葉に照れて赤くなったり。
相変わらずだと思っていたら、突然新鮮な表情を見せたりする―

くるくるとその表情を変えるなつき。
きっと、うちは、何度もこの人に恋をする―

「おおきに―うち、なつきのことが大好きや」

その時、派手な爆発音がした。
どうやらなつきの操っていたロボットは、操縦不能に陥って墜落してしまったらしい―
TVの画面を見やると、大きく『GAME OVER』と出ていた。
なつきは、ぽいっとコントローラーを放るとゲーム機の電源を落として、勢い良く立ち上がった。

「あらあら―もう、せえへんの?」
「も、もう、いいんだ―ご飯にしよう。作るの手伝うから・・・着替えてくる!!」

真っ黒になったTVの画面に映っていた静留の大好きな照れ屋な女の子は―自慢の黒髪をなびかせて、ふいっと姿を消した。
  1. 2007/03/05(月) 01:09:42|
  2. だいすき(舞-HiME SS)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お返事(2007.03.02~2007.03.10) | ホーム | お返事(2007.02.25~2007.03.02)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://murasakinosuishyogoo.blog53.fc2.com/tb.php/87-294c08a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紫の水晶宮

ここは舞-(乙)HiMEの静留(シズル)・なつき(ナツキ)・奈緒(ナオ)への愛をこじらせるファンサイトです。版権元とは一切関係御座いません。勝手ながらR18とさせて頂いておりますので、18歳以上の分別のある大きなお友達だけ遊びにいらしてください。百合の花が仰山咲いておりますので、閲覧は自己責任でお願いします。 当サイトの全ての画像及び文章等の無断転載・引用はご遠慮下さい。

プロフィール

長澤 侑

Author:長澤 侑
性別:ネコ
属性:ヘタレな王子
特徴:ビタミンShizuru分が足りなく
    なるとヘタレる
持病:静留病
    (英名:シズル・シンドローム)
尊敬する人:
ヘタレの星玖我なつき
ヘタレ学園長ナツキ・クルーガー

最近の記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

n4272は葱記念♪n7242はマヨ記念♪ うっかり踏んだ方は、はんなりと連絡をおくれやすvリクエスト・その他もお気軽に♪

最近のコメント

参加同盟

ヘタレなつきち同盟 4272.union なつ静同盟        

GO→素敵サイト様

  • ぽん太小屋(ぽん太様)
  • ニートorニード
  • 駄目な日々(くじら様)
  • Silver*Garden おかしなお菓子の詩 Planetarium drop ××× 三番地中央病棟
  • SS倉庫(R18)(M様)
  • メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    当サイトはリンクフリーです。ときめきはったらお嫁にもらって下さい。お手数ですがR18の表記をお願い致します。連絡は頂ければ嬉しいです。

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。